パパ活

パパ活でもらったお金には税金はかかりますか?

投稿日:

パパ活でもらったお金には税金はかかりますか?

結論を先にお伝えすると金額によっては「贈与税」がかかります。

贈与税とは

贈与税とは

贈与税とは、個人が個人から1年間に、財産の贈与を受けた場合にかかる税金で申告制です。

贈与を受けた金額が110万円を超えなければ無税(基礎控除額)で、申告の必要もありません。

パパ活をしている方の中には、定期的なパパを何人も持っている方もいらっしゃると思います。

贈与税は「贈与を受けた相手が複数人であっても、合計金額が110万円を超えると申請しなければならない」税金です。

贈与税がかかる具体例

で記載したことを言い換えると

「複数のパパから頂いたお金が合計110万円を超えたら贈与税がかかる」ことになります。

たとえば

「1人のパパから1年間で120万円現金を頂いた」
「12人のパパから、1年間でひとりにつき10万円ずつ振り込んでもらっている」

この2パターンは両方とも贈与税の対象となります。

贈与をした人の合計額、ではなく、贈与を受けた人の合計額に税金がかかるためです。

パパからもらったプレゼントは贈与税がかかるのか?

ブランド品などは贈与税に注意

パパ活をしていると、現金だけでなくバッグやアクセサリーをプレゼントしてもらうことも多いと思います。

プレゼントも「贈与税の対象」です。

ただし「個人から受ける香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物又は見舞いなどのための金品で、社会通念上相当と認められるもの」(国税庁タックスアンサーNo.4405より)

は贈与税がかからない場合とされています。

こちらの記載はあまりに曖昧ですが、1年間の間に高額なバッグなどを何度もプレゼントとして頂くことは、社会通念上相当とはいえません。

ですので、「高価なブランド品などは贈与税がかかる可能性がある」と認識しておきましょう。

贈与税を払わないとどうなる?

贈与税を無申告で払わないでいると、税務署の調査が入る場合があります。

調査で無申告が判明した場合は「無申告加算税」として、さらに税金が課せられてしまいます。

基本的に、年間数百万程度の無申告で税務調査が入ることはほとんどありませんが気をつけましょう。

最近では TwitterなどのSNSを通じてパパ活の内容を発信してしまい、税務調査が入ることもあります。

プライバシー管理の面でも、パパから頂いた現金の写真や、口座残高の写真をSNSに投稿することは控えたほうがよいでしょう。

-パパ活

Copyright© 電話占いサービスのPAST AND FUTURE , 2021 All Rights Reserved.